カナガンキャットフードは人工添加物を使用している?

カナガンキャットフードは人工添加物を使用している?

カナガンではできるだけ自然のものを使える限り使っています。

何よりも人工添加物は必要ないという考えです。

なぜ人工添加物は必要ないのでしょうか。

カナガンは主原料のチキンも平飼いしている鶏といったこだわりがあります。

その鶏も当然成長ホルモン剤、遺伝子組み換えも使われていません。

すると保存料などはどうしているのかが気になります。

保存料:ミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しています。

調味料:最高級食材に人工調味料はいりません。

着色料:愛猫に着色料はいりません。

無駄なものを入れず最高の栄養価を考えて作られています。

そのため与えるものに人工添加物を使うとなると栄養価が高いカナガンの魅力がなくなってしまいます。

賞味期限が短いのもそのためです。

賞味期限を短くすることで新鮮さをキープし美味しく食べられるように作っています。

カナガンは動物愛護の先進国イギリスが発祥です。

動物愛護の先進国だからこそのこだわりもきっとあるはずです。

その厳しい環境の中に工場もあります。

添加物と言うのは想像通り体にいいものではありません。

安全だと言われる添加物もありますが長年の積み重ねはいつか体に出てきてきます。

ミックストコフェロールは人工添加物?と思いがちですが天然で安全な酸化防止剤です。

最高級で猫のことだけを考えたカナガンに人工調味料は必要ありません。

カナガンキャットフードの最安値はこちら!

カナガンは肉副産物を使用している?

カナガンでは肉副産物は使用されていません。

肉副産物とは一体どんなものでしょうか?

肉副産物とは・・・

市場に流通していない食肉の部位で健康な個体であるとは限らないそうです。

その中には鳥の血液が入ることもあるそうです。

これらのものを肉副産物と呼びます。

一般的なキャットフードを買う際気をつけないといけない部分になります。

「肉副産物」とは肉だけが入っているわけではないのです。

具体的に言うと目・骨・くちばしなども混じっていることになります。

これらを入れる理由は肉ばかり使うとコストがかかるからです。

他にも私たちには想像できないものが肉副産物として混ぜられていることがあります。

カナガンではそういった肉副産物はいっさい入っていないので安心して与えることができます。

「肉副産物は使用していません」という一文だけで流してはいけません。

この際肉副産物が一体どのようなものか知って頂きカナガンの良さを伝えておきます。

現段階で一般的なキャットフードを与えている方はラベルの表示を確認しましょう。

猫にはわからないのでせめて飼い主が確認してあげましょう。

ラベルに「肉副産物」と記載のある物は上記記載のようなものが含まれています。

肉副産物の実態を聞いて驚いた方はすぐにでもカナガンをおススメします。

カナガンは厳しい基準のもと国際規格であるSAI GLOBAL クラスAも取得しています。

飼い主として安心して猫に与えることができます。

カナガンキャットフードの最安値はこちら