カナガンキャットフードの主原料以外のこだわり

カナガンのキャットフードでは主原料のチキンの他にもあらゆる材料にこだわりがあります。

そのこだわりは動物性タンパク、野菜、ハーブなどです。

これらを配合しているので最適な栄養価を摂取できます。

その割合は7(動物性タンパク):3(野菜、植物成分)です。

この数字は生物学的に適切な比率だと言われています。

カナガンは子猫からシニアまで全ライフステージの猫に対応しています。

こだわりの材料を使うことで胃腸の弱い子猫の消化も助けることができ安心して食べさせてあげることができます。

セレン 免疫を維持させます。
ミネラル・オメガ・3脂肪酸 皮膚を健康にし、被毛を作ります。
EPADHA 脳や目の機能を高めます。
フラクトオリゴ糖 胃腸をサポートし下痢や便秘を予防します。
マリーゴールド 抗菌、抗炎作用や免疫力、白血球の生成を活性化します。
カモミール ストレスを軽減します。
クランベリー 尿を酸性化し、尿路結石を予防します。

カナガンは上記を含みます。

そして保存料、着色料など人工添加物を使用していません。

カナガンには海藻も含まれています。

海藻はミネラルを豊富に含んでおりヨウ素が甲状腺を補助するので代謝を安定させます。

一般的なキャットフードによる炭水化物過多の食事を改善し体調を整えることができます。

子猫だけでなくヒューマングレードなので高品質&安全性&新鮮さに優れたキャットフードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です